2007/12/31

潜り納め

今年最後のダイビングは釜の尻でしめてきました。
水温は17度意外と暖かかいのですが、上がってからが寒い!
これだけ風が強いといくらなんでも寒いです。
今日の三宅島は超西風です。
たぶん明日もです。

今年最後のウミウシはキカモヨウウミウシでした!
s_PC310024_2.jpg

今年最後のカエルアンコウは白でした!
s_PC310003.jpg

ダイビングの後阿古の温泉まで行ったのですが、坪田の辺りでミゾレ混じりの雨が!寒いはずです。

夕陽はちょっと雲がありましたが一回隠れた後ちゃんと水平線に沈むのを見ることができました。
今年最後の夕陽です。
s_DSC_1619.jpg

今年最後の昼ごはんはオリジナルムロアジ丼です。
s_DSC_1523.jpg

そして今年最後に携帯のカメラのレンズの所が割れました(泣
s_DSC_1574.jpg

来年もまたよろしくお願いします。
2007/12/30

明日は潜れるのか?

s_DSC_1513.jpg
荒れる海の中を東京に向かう東海汽船。
明日も三宅島は西風の予報です。
潜れて釜の尻かな。
2007/12/29

三宅島 年末

昨日の定置網でムロアジが1トン揚がった。
今日は漁協のおさかなセンターでそのムロアジを1匹50円で売っている。
30匹買ってきました。激安です。
s_DSC_1480.jpg

美しいです。
s_DSC_1488.jpg

三宅島島内はすっかり休みモードに入りつつご飯屋さんも今日までのところが増えそうです。
温泉は定休日の1/2以外は営業するそうです。

うちも休み無しです。
31日からは常連のお客さんが5泊しますので毎日潜ります~
予報はあまりよくないんですけどね。。
黒潮は三宅を避けてます。
2007/12/27

本日のミミ


人座りしているミミを上から撮って見ました。

本日の夕陽
s_DSC_1461.jpg
2007/12/25

三宅島火山ガイド

自然ガイドに火山を加えるために下見に行ってきた。
あたらめて見直すとすばらしいです。
とても日本とは思えない。
ここはハワイですか?みたいな景観が広がっている。

もちろん写真を撮ってきました。

まずは阿古の溶岩原の断面。流れ出てきた溶岩の断面が見れる。
温度の高いものと低いもので流れ方が違うようだ。
s_DSC_1347.jpg



溶岩樹形。流れた溶岩が木を巻き込んで木が燃えてその溶岩が残る。
そしてこの木は奇跡的に残った木だそうだ。
s_DSC_1358.jpg



火山弾らしきもの。
s_DSC_1361.jpg



島の東部に移動。
ここはすばらしいです。

手前に埋まっている岩は火山弾です。
こんなのが飛んできてたくさん落ちている。
s_DSC_1389.jpg



この斜面に見れるのも火山弾
s_DSC_1378.jpg



どうですか?この景色。
赤い大地ですよ!
日本どころか地球上にも見えない。
s_DSC_1395.jpg
s_DSC_1422.jpg





まだまだ観光の目玉はたくさんありそうです。

最後に釜の尻で拾ってきた溶岩です。
噴火前は浜に落ちていなかったものが今回の噴火で山が深く削られ泥流などで昔の火山灰が海に流れ込み波で丸く削られたものです。
s_DSC_1439.jpg
2007/12/24

三宅島は通過


今日の大久保浜です。
さっき撮ってきました。

今朝の三宅島便は欠航して船は三宅島を通過し八丈島に向かっています。
昼の便がどうなるかは昼に決まります。
第3の港「伊ヶ谷」があるからきっと大丈夫でしょう。
2007/12/20

餅が到着

s_DSC_1312.jpg
餅が着いた。
どこから着いたかというと福井の農家から着いた。
お客さんに出しているお米は福井の農家から直で仕入れています。
そこの餅がうまいんです。

長尾農園http://www.nonkina-okome.com/
通販でも買えますよ~

s_DSC_1252.jpg
s_DSC_1266.jpg
サカナはハタンポです。
あの群れでいるハタンポです。
味噌汁にしました。
2007/12/16

三宅島の観光

今日はプチ観光に行ってきました。
冬の三宅島も見所満載です。
s_DSC_0908.jpg
大路池の迷子椎。迫力あります。

s_DSC_0945.jpg
三池浜には椰子の実が流れ着いています。


s_DSC_0947.jpg
雲が海に写るほど凪いでいるけど、それは東側だけ。西側に行くと桟橋にかかるほど海は大荒れです。


s_DSC_0963.jpg
サタドー岬。崖好きにはたまらない場所です。


s_DSC_0986.jpg
薬師堂の石段。

s_DSC_0991.jpg
風情があるんだけど、鳥居は新しく変えないで欲しかった。。


s_DSC_0992.jpg
上を見上げると…
2007/12/14

着発

s_DSC_0816.jpg
冬型の低気圧になって三宅島冬の風物詩「着発」でした。
御蔵、八丈が欠航になったため定期船が定刻14:30を待たずに6:30に東京に引き返すためにお客さんを送って帰ってきました。
s_DSC_0825.jpg
2007/12/12

焼酎復活

また復活の話です。
三宅島の焼酎「雄山一」が復活します。
s_DSC_0746.jpg


酒造元「伊ヶ谷酒造」も復活になります。

今日1次仕込みが終わりました。
今頃発酵が進み始めていることでしょう。

HPも近いうちに始まります。


今日の読売新聞の夕刊に掲載されているはずです。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071212icw3.htm

おいしい酒ができることを期待します。

隣の旧観光ホテルにはノスタルジックなイラストが残っています。
昭和を感じさせますね~
s_DSC_0683.jpg
s_DSC_0685.jpg
s_DSC_0686.jpg

かなりいい感じです。
要保存じゃないでしょうか。
2007/12/06

隆昌苑

焼肉食べてきました。
神着に新しくできた焼肉屋で月曜日にオープンしたばかりです。
場所はやすらぎの入り口のスナックブーメランの後です。
ということでブーメランは閉店しました。
s_CIMG0187.jpg

カルビ、ハラミ、タン、キムチ、石焼ビビンバみんなうまいです。
三宅島っぽくなく都会の味って感じで大合格です。
s_CIMG0195.jpg

何より頑張れば歩いていける距離にできたのがうれしいです。
2007/12/05

三宅島風景

三宅島空港前にあった彦七というそば屋が再復活した。
再復活と言うのは、避難解除すぐに坪田の避難施設の中で営業を再開していた。その施設が閉まると同時に彦七も閉まってしまった。
それが今回高校裏の旧孔雀に再オープンした。
s_DSC_9817.jpg


今日頼んだはざるそばと、冷やしたぬき。
ホタテの炊き込みご飯付きでうまかったです。
s_DSC_9815.jpg
s_DSC_9813.jpg


三池の浜富士は今はこんなになってしまったけど、ラーメンとかうまかった。
何よりマスターが良い人だった。
s_DSC_9823.jpg


そしてその前には前に勤めていた三宅島マリンステーションの別館。
もとからボロい建物だったけど、さらにボロボロになっていたが建物の中には20年くらい前に自分が作ったテーブルがそのまま残っている。あんなに適当に作ったのにここまで残っているのが不思議。
s_DSC_9824.jpg


昨日むか~しのマッチをもらった。
三池の村役場の隣にあったやし苑のマッチ。
古い木造の校舎?を使ったいい感じの建物だった。
昔のダイビング雑誌なんかにも紹介が載っていて島の郷土料理を食べさせていた。
テングダイやカメも食べれた。

その後三宅島に潜水博物館を作るといって東京の不動産屋だか土建屋がやし苑の建物を買い取って話は進んでいったんだけどバブルがはじけて話はなくなり建物もなくなってしまった。

やし苑は坪田に移り噴火後ラーメンとカレーを始めたのであった。

いまはそこには何もない。
おまけに高濃度地区になってしまっている。
s_yashien.jpg


昼からはアカコッコ館に自然ガイドの話し合いに行ったのであった。
その帰りに撮った写真。
雲がキレイだった。

s_DSC_9822.jpg
s_DSC_9843.jpg

2007/12/02

日曜日

今日はダイバーのお客さんがいないので島をまわってきた。

アカコッコ館では昨年に引き続き科学技術館と三宅島が映像で繋がった。
科学技術館側にはアカコッコ館のレンジャーが司会をして三宅島側では三宅小学校の子供たちが対応した。
s_DSC_9748.jpg


富賀神社も工事終わり静まり返っている。
来週の日曜日に餅まきだ。
s_DSC_9774.jpg


西風が吹き静かな漁港。
s_DSC_9787.jpg


錆が浜港にあるモニュメント。
グワシにしか見えない。
s_DSC_9778.jpg


いきいきおさかなセンター。
定置でかかった魚が色々手に入る。
s_DSC_9794.jpg


ナンヨウカイワリ。
海中で見るとかっこいいのに。
s_DSC_9775.jpg


オアカムロの開きと、イスズミの切り身の干物を作っていた。
s_DSC_9801.jpg
s_DSC_9796.jpg


明日はダイバーのお客さんだけど、ますます風が強くなる予報。
潜れるのだろうか。