2008/03/30

別れの船出

s_SANY0220.jpg
今日も釜の尻はやや波でダイビングには不向きだったのでペリドットを拾いにいきました。
釜の尻はペリドットの宝庫です。
ペリドット=カンラン石で8月の誕生石である。宝石は緑だけれど落ちてる状態では琥珀色をしている。しかし小さすぎて宝石にはならないけれど拾い始めると大抵の人は夢中になってしまう謎の石である。


こんな状態です。


その後例のとても地球上とは思えない場所へ。
s_SANY0225.jpg


何回行ってもすごすぎる場所です。
動画は風の音がうるさいので注意。



港では転勤の先生が涙の別れ。
s_SANY0235.jpg


動画は汽笛の音に注意
スポンサーサイト
2008/03/29

カメ集まる!

s_SANY0179.jpg
カメ3匹わかります??
実際には同時に4匹いたんですけど。

1匹がずっとご飯食べたり呼吸したりと忙しく動くのが見えていたので弁当を食べながら観察[m:78]

s_SANY0166.jpg
弁当はこんな感じ。
崖っぷち好きです。

s_SANY0182.jpg
横から見るとこんな場所です。

動画も撮りました。



s_SANY0193.jpg
三池港へ向かう途中で三池浜に寄る。
浜の石が美しい!


s_DSC_3414.jpg
港では三宅島を離れ転任していく小学校の先生の見送りに子供たちが集まっていた。
明日は日曜だから明日がピークなのかな。
紙テープ、船、汽笛。
完璧すぎる別れの小道具。
s_DSC_3421.jpg
離れ始めると意外と速い東海汽船。


ロープをかけるときちょっと失敗
2008/03/28

3月も終わり

s_SANY0158.jpg

午前中雨が降りその後快晴になり18度近くまで気温が上がった。

写真はアジサイの葉の上に乗ったオオシマザクラの花。
うまくできすぎてるけどヤラセではありません。

いま三宅島はオオシマザクラが満開です。
2008/03/27

ログ:釜の尻


久しぶりのファンダイブです。
場所は釜の尻。
黒潮は三宅島に直撃のままなので水がきれいです。
水温は暖かいところで20度。
冷たいところで18度です。

s_P3270001.jpg
ゲストは転任が決まったBさん。
三宅でスクールをやってダイビングを始めた。
今日は最後にと無理に誘った。

s_P3270009.jpg
とりあえずコンディションもよかったのでまずまずです。

s_P3270033.jpg
s_P3270015.jpg
こんな感じに透視度バツグンです!

s_P3270045.jpg
きのう低気圧で陸上の地形が変わった話をしたけど水中も変わっていた。
白いところは以前は砂の中に埋まっていた場所。
同じように埋まっていたものが出てきて白い岩が沢山見れた。



カメにも出会えました。
小さめのカメです。



マダラエイです。
気がつかないふりしてます。
2008/03/26

花満開

s_SANY0147.jpg
この前の低気圧で釜の尻エントリー口の様子がすっかり変わってしまいました。
昔使っていた港の跡が掘り起こされて出てきました。
波の力はすごい!


s_SANY0131.jpg
うちのそばで満開のオオシマザクラです。


s_SANY0139.jpg
ハチジョウキブシ
コレは花の塊


s_SANY0138.jpg
カジイチゴの花も満開です。
GWくらいには甘い実がたくさんなります。


s_SANY0136.jpg
こいつが花粉症の原因です。
オオバヤシャブシです。
杉の花粉はオッケーでもコレにやられてます。


黒潮はまだ三宅島に当たったままです。
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/kaikyozu/1to3ken.asp
2008/03/21

低気圧通過~遅すぎ

s_SANY0115.jpg

島の東側は台風のような荒れ方が続いています。
三池港に車を置きっぱなしにして上京した人の車は大変な事になってます。
もう、まる2日間海水をかぶりっぱなしです。

島の西側は静かなので船さえくれば着岸できると思います。
こんな風の中ヘリはチャーター便を含めしっかり飛んでいます。
20mくらいの北東風で島の北側の崖っぷちに三宅島のヘリポートがあるので着くかどうか心配しましたがマジに凄いです。

2008/03/20

低気圧通過中



低気圧通過で海は荒れて船は欠航しています。
今晩は出るのだろうか。。


080319.gif

せっかく黒潮は三宅島に直撃しているのに。
2008/03/17

オアカ

s_DSC_3359.jpg
これがオアカムロです。
尻尾が赤いムロアジなのでオアカ。
わかりやすいです。

今朝定置網でとれたばかりです。
刺身や天ぷら、フライ、煮物なんでもうまいです。
1匹100円くらいかな。



定置があがるまで待っていた阿古漁港にいたカモメ。
でかいのは何?


今日は18度越えてました。
ミミ助もまったりです。

現在水温は20度近く。
大久保もべた凪です。
黒潮は三宅島に当たったままです。
2008/03/16

タネコマドリ


コマドリの亜種タネコマドリは伊豆諸島、種子島・屋久島に留鳥として分布する。コマドリによく似るがオスの黒い帯模様がない。詳しい生息数は不明だが分布は極めて局所的で絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されている。
三宅島では年間通して見れます。
特に今がチャンスです!



オーストンヤマガラ。伊豆諸島の亜種。
人になれます。
2008/03/13

自然ガイド養成講座

自然ガイド養成講座が終わる2代目のガイドが生まれました。
これからは初代卒業生と共にトレーニングを積み今年中にはガイドデビューしたいと思っています。

s_SANY0005.jpg
講義を受ける図


s_SANY0011.jpg
木の太さから年齢を算出する

s_SANY0018.jpg
風景を額縁で切り取る

s_SANY0022.jpg
大路池南桟橋。
癒される場所です



s_SANY0048.jpg
まとめです。

s_SANY0010.jpg
こんなのも見つけました
2008/03/12

カツオです。

2008/03/10

Xacti

今日からSANYOのXactiが撮影の武器に加わりました。
これは先日アカコッコ館で行われていたアーカイブ三宅島の写真展での優勝商品です。
s_DSC_3324.jpg
1.5m防水で動画がH.264で保存なのが肝なカメラです。
PCにドラッグでファイルを移せるところが魅力なんです。
静止画はjpgです。
web用ならコレだけで十分すぎます。

試しの動画。ミミです。
画質がそうでもないのはYoutubeのせいだと思います。

2008/03/09

本日の三宅島


ウミウじゃなくてヒメウって言う鳥らしいです。

s_CIMG0556.jpg
ネットで調べてみると…



「冬鳥。岩だなや岩場のある海上。全身黒くて青色や紫色の光沢がある。繁殖期にはくちばしの根元が赤くなり、冠羽が生じ、足のつけねに白斑がでる。ウミウと一緒にいることも多い」

まさにその通り。

s_DSC_3287.jpg
こんな所に住んでます。


s_DSC_3283.jpg
勤福の大桜はまだつぼみも小さかったです。
2008/03/08

観光ガイド

久しぶりに観光のお客さんだったの午前中はガイドしてきました。

昨日の夜雪が降ったみたい。
山も白かったけど、坪田の街中に雪があってびっくりです。


s_DSC_3237.jpg
高いところ好きにはワクワクする場所です。
今ならウミウじゃなくてヒメウが見れます。


s_DSC_3239.jpg
大路池の迷子椎です。
巨樹は色々あるけれどこの木は形がいい。


s_DSC_3240.jpg
なんだか昨日より茶色く見えるんですけど~


s_DSC_3248.jpg
遊歩道の工事が始まっています。
また一つ三宅島に観光の拠点ができる予感。


s_DSC_3259.jpg
その中で見られる溶岩樹形。
流れてくる溶岩の上を倒れた木がゴロゴロ転がってバームクーヘン状になったものの跡です。
2008/03/07

うわさの大路池

大路池の色が変わったとの噂を聞いていたので見に行ってきた。
s_DSC_3199.jpgs_DSC_3204.jpg


びっくらこきました。
普段は薄い緑のような水なのに泥水です。
これでも三宅島の貴重な水源地なんだよね~

話によると気温と水温の差で対流ができて底の泥が巻き上がったのではとのこと。
噴火の前触れみたくていやな感じです。


s_DSC_3224.jpg
夕陽はきれいに水平線に沈んで生きました。
2008/03/06

今日は暖かいです。

昨日は知らないうちに雄山に雪が降っていて寒かったが今日は暖かかった。
御蔵のすぐそばを黒潮が通っているので大久保も19度まであがったみたいだ。
三宅島まであとちょっと。
御蔵では桟橋からクジラが見えたりしてるらしい。

s_DSC_3085.jpg
見てるだけで寒い。
ここはどこですかーって感じの雄山。


s_DSC_3192.jpg
陽だまりで座るミミ


s_DSC_3174.jpg
近くを散歩するとずっとついてくるので一緒に散歩。


s_DSC_3153.jpg
ちょっと汚れてるけどイチゴの花が咲いている。


s_DSC_3126.jpg
大久保浜。ダイバーは1名のみ。

s_DSC_3116.jpg
今朝三宅島には着岸できず八丈に向かった船は上り便が伊ヶ谷に着いた。
なんとなく賑わいつつある伊ヶ谷。
2008/03/06

時刻表

time.jpg
ANAの4,5月の時刻表に三宅島が記載されてます。
11:45羽田発12:30三宅島着です。
帰りは13:00三宅島発13:40羽田発です。
たった45分のフライトです。実質空にいるのは30分程度でしょうか。

飛行機はあのボンバルディア機です。
http://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/q83/

料金はこんな感じ。片道の値段です。
片道 ¥15700
往復だと ¥12000
得割1 ¥11400
旅割 ¥9700

ちなみに東海汽船の片道(3月)
2等 ¥7020
特2等 ¥10540
1等 ¥14040
特1等 ¥17550

旅割を使うとかなりのお得感がありますね。
東海汽船は燃料調整金が含まれていますので月によって値段が微妙に違います。
飛行機はどうなんだろう?国内線もあるのかな?

時刻表にはガスマスク持ってくれよみたいな事が書いてあるけど、恐らくというかほぼ使わないでしょう。記念にならば買ってもいいかも。はっきり言ってしてる人はほとんどいないです。

ガスマスクの事が書いてある空港なんて世界中探してもないだろうね~
ある意味貴重かも。
2008/03/01

エコライド下見

三宅島エコライドの下見は続いています。
今日は観光協会に行ったり店をまわってきました。

午前中は3人で林道にアタックしたそうです。
s_DSC_3012.jpg

すごい体勢で乗る3輪車
s_DSC_3006.jpg

喫茶ノンノのアシタバミルクとアシタバミックス。
うまいんだなコレが。
s_DSC_3034.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。