2009/06/16

台湾 お茶編

九分で御茶屋さんのはしごをした。

P6094417.jpg
九分の入口が難しい。セブンイレブンが目印。
ここからずっと細い坂が続いていてその間ちいさな店がずっと永遠に続いてる。


P6094391.jpg

一軒目は千と千尋のモデルにもなったお茶屋さん
坂の途中にある「九分阿妹茶酒館(ちょうふぇんあーめいつぁーちょうくわん)」
景色もいいし良い雰囲気だった。


P6094436.jpg

こんな感じで景色がいい。


P6094440.jpg

二軒目は「九分茶房(ちょうふぇんつぁーふぁん)」
100年以上たつらしくて店の奥のほうには博物館風のものもあった。


P6094430.jpg

台湾ではお茶菓子が豊富でおもしろかった。
これは梅干風なんだけどたいしてすっぱくもない。
沢山出てきたけどバリバリ食べた。


P6094431.jpg

こんなにお茶葉を入れるのかと思うくらい入ってた。
お湯で戻ると普通の葉っぱに戻る。


P6094426.jpg

ここんちは猫好きらしくていろんなところに猫の物が置いてある。
なんとなくヘタウマ。

P6094433.jpg

これをレジに持っていって精算する。


P6094446.jpg

石頭猫はチェーン展開してるのか何軒かあった。
あんまりかわいくない。


P6094447.jpg

本物。


続く

コメント

非公開コメント

カラオケ

雅な話題

台湾では、カラオケは日本と意味が同じなものと違うものがあるらしい・・・・

万葉集でおもしろい歌を見つけました。
楽浪の 志賀津の白水郎は われ無しに 潜はな為そ 波立たずとも

「海に潜るのは私が見ているときにして欲しい」ということのようです。

うーん意味が深い。

PS:調布に引っ越しました。